日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「未来からの家族」

〈イエスは、「わたしの母、わたしの兄弟とはだれか」と答え、周りに座っている人々を見回して言われた。「見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ」(マタイによる福音書3章33~35節)。

★わたしたちは、未来を見通すことはできず、過去だけが見える人生の中に生きています。すると、往々にして、過去はこうだったから、未来もきっとこうだろうと思いながら生きていくことになります。家族というのは、もともと自分に至るまでずっと繋がってきた血のつながりを表すものです。そういう意味では家族というのは過去を表すものです。一方、イエス様が教えた「福音」というものは、向こうから、未来からわたしたちのもとを訪れるものです。これから神様が行おうとしている新しい働きに希望を寄せながら、いまある自分自身を見つめ直してみなさいということなのです。そこに、イエス様が、肉親との繋がりをぶった切るような言葉を語った意味があるのです。過去がこうだったから未来もこうだろうというわたしたちの思いからわたしたちを自由にして、わたしたちの心に新しい希望の光を灯すために、イエス様は家族、肉親との繋がりをぶった切るような言葉を語ったのだと、そう思うのです。
★わたしたちは過去、お互いに欠けを負った者同士であるけれども、それでもなおわたしたちは、神様がこれから行おうとしている新しい働きによって、必ず、神様はわたしたちを相応しく養い、装わせてくれるんだという希望の光のもとに、肉親を、家族を見出していくということ。勿論それは肉親、家族に限ったことではなく、この世に生きている全ての人が、神様によって養われ、装わせられる希望を与えられている存在なんだと、新しい光の中で見つめ直していくということです。そこに肉親、家族とそうでない人との違いは何もありません。
by oji-church | 2018-01-31 15:35 | 牧師からのメッセ-ジ
「空の鳥を、野の花を見なさい」(2)

★神様が創られた天と地という隙間があってこそ、わたしたちは自由に羽を羽ばたかせ、わたし色の花を咲かせることがでます。わたしたちはそれぞれに違った「ひとり」「ひとり」であるということを大切に心に留めなければならないと思います。「ひとり」の中でこそわたしたちは、自分自身と向き合って対話し、また、人の役に立つものを作り出すことができます。
★同時にわたしたちは、自分が一人ぼっちではないということも心に留める必要があります。神様が創られた空と大地によってつなぎ結ばれて、違いがあっても共に生きるべき者として、この世界に生かされているのです。恐れなく、自由に、安心して。
 神様が創られた空と大地は、わたしたちに向かってこう告げています。「自分ひとりの孤立した世界の中に閉じこもって、明日のことを思い悩む恐れに取り憑かれてしまうのではなく、わたしが創ったこの空に、この大地に出て行って、そこであなたがた、ひとりまたひとりの違いを差し出し合って、違うひとりまたひとりが、どのように共に生きることが出来るか、安心して、自由によく語り合い、感じ合い、受けとめ合って、違う者同士がその存在を大切にしあって共に生きる愛で満たしなさい」と。
★「わたしの小さな普段の生活」に閉じこもって生きる在り方は容易に、一部の力ある人たちの利益のために、すべてを犠牲にし破壊するあの巨大な塊に飲み込まれてしまいます。そんな悪しき力に立ち向かうには、勇気をもって、安心して、自由に、お互いの違いを差し出し合い、語り合い、感じ合い、受けとめ合う、そんな場が必要です。神様が創られた空と大地のような。教会もまた、その空と大地の中に置かれているはずです。わたしたちはここで羽ばたき、じぶん色の花を咲かせ、そしてまた勇気をもって、安心して、互いの違いを差し出し合い、自由に語り合い、感じ合い、受けとめ合うことを神様から期待されています。そう、わたしたち一人ひとりが「空の鳥」であり、「野の花」なのです。
by oji-church | 2018-01-25 16:46 | 牧師からのメッセ-ジ
「空の鳥を、野の花を見なさい」

〈空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。……野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。〉(マタイによる福音書6章26~29節)

★新しい年が明けましたが、わたしたちの生きる世界にはあまり明るい兆しが見えません。一部の力持つ人たちが、テロや隣国との紛争の危機感を煽り、人々を、自分に都合のよい同じ一つの方向に向かせるように操作する、そんな見えない圧力がわたしたちの上にのしかかるかのようです。その先にあるのは、わたしたちが一つの大きな塊(かたまり)とされて、自分や隣人の命や生活を犠牲にして顧みなくさせられる「戦争」というものです。
★イエス様が「〈空の〉鳥を見なさい」「〈野の〉花を見なさい」と言っていることに気付きました。〈空〉は神様が創られた〈天〉であり、〈野〉は神様が創られた〈地〉です。イエス様の時代のガリラヤでは、空と言えばどこまでも何も無く広がっているものでしたし、野と言えば、これもまた広く青々と広がって地平線を見渡すことが出来るものでした。そのどこまでも広がる空の中を鳥は舞い、どこまでも広がる野の中に小さな花が咲いています。じゃあ、その鳥は、その花は孤立していただろうか。決してそうじゃない。神様が創られた広い広い天と地によってつなぎ結ばれて、この空と大地に生きている他の鳥、他の花と共に生かされています。
★この空全体がびっしりと鳥に埋め尽くされ、それらが全部ピッタリとくっつき合わせられて巨大な一つの鳥の塊となってしまったら、あるいは、この広い野が一つの花だけでびっしりと埋め尽くされて、それが全部ピッタリとくっつき合わせられて、巨大な一つの花の塊になってしまったとしたら、鳥も花も最早生きられなくなってしまうでしょう。わたしたち一人ひとりの間には隙間が必要です。(つづく)
by oji-church | 2018-01-18 12:12 | 牧師からのメッセ-ジ
「正月最良のすごし方」

★年末年始、家族が出払ったのをいいことに、「おひとりさま」の正月最良のすごし方を思案しました。結果、大晦日池袋の書店に行き、普段読みたいと思いつつ読めずにいた本を3冊購入。①カズオ・イシグロ『忘れられた巨人』②中島岳志『親鸞と日本思想』③ハンナ・アーレント『人間の条件』。
★元日朝から3冊を脇に居間のソファに座り順繰りに読んでいきます。1冊を1時間程キリのいいところまで読んだら次の本。こうすると疲れず飽きずに読み続けられます。それぞれジャンルが違うのがいいようです。元日は一日読書三昧。2日午前中は第2週に控えた諸々の委員会・役員会の準備。午後は人に誘われ外出。3日も昼間は仕事に費やしたので本当の読書三昧は元日だけでしたが、楽しい正月でした。
★読んでいて一番楽しいのは①。ファンタジー仕立ての小説の中、人間の「記憶」をめぐり、各々違った、あいまいな「記憶」を携えた異なる人間同士が、加害/被害の歴史の上に立って、共に生きていくことの困難と意味を考えさせられます。②は戦前、『歎異抄』に著された親鸞の信仰がブームとなり、それが著名な作家や宗教家によって、「日本民族」を称揚する国粋主義に結びつけられ、やがて政府の主導するファシズムに接続されていく様を描き出します。キリスト教において戦前・戦中ファシズムに接続した「日本的基督教」の形成過程と驚くほどよく重なります。③は読むのに至極難儀する本ですが、②との関連で言えば、人間がなぜ、自由を奪い生命や生活を破壊する「右へならえ」のファシズム(全体主義)になだれ込んでしまうのか、それを人間存在の根本から考察した本です。「自分はそんな『右へならえ』になだれ込みはしない」と思っている「普通の人」こそが、社会の構造的変化の中で知らず知らずのうちに飲み込まれてしまう恐ろしさを感じさせられます。世界全体がそのような趨勢(ポピュリズム)に向かっているいま、読むのは大変ですが、本当はしっかり捉えられなければならない本だと思います。
by oji-church | 2018-01-10 10:06 | 牧師からのメッセ-ジ
「想いを贈る」

★クリスマスが来ると思い出す絵本があります。『しんせつなともだち』という絵本。雪の降る夜、こうさぎが食べ物を探しに出かけて、カブを二つ見つけて帰って来ます。こうさぎは一つを食べて考えます。「ゆきがこんなにふって、とてもさむい。ろばさんはきっとたべものがないでしょう。このかぶをもっていってあげましょう」。ろばの留守宅にうさぎはカブをおいて帰ります。食べ物を探しにでかけていたロバはさつまいもを見つけて帰って来ます。家に置かれたカブをみてろばは考えます。「「ゆきがこんなにふって、とてもさむい。やぎさんはきっとたべものがないでしょう。このかぶをもっていってあげましょう」。ろばはやぎの留守宅にかぶを置いて帰ります。食べ物を探しにでかけていたやぎは、はくさいを見つけて帰って来ます。家に置かれたカブをみてやぎは・・・。カブはうさぎからろばへ、ろばからやぎへ、やぎからしかへ、次々と受け渡され、真夜中、うさぎが目を覚まして枕元を見ると・・・。
★どの動物も、「ゆきがこんなにふって、とてもさむい。~さんはきっとたべものがないでしょう」と、誰かのことを想い描き、贈り物を届けます。「おもう」という漢字は二つあります。「思う」と「想う」。「思」の「田」は人の頭を表し、自分の頭の中だけで考えていることを表します。「想う」の「相」は、人が向き合っている様を表し、自分以外の誰かを想い描くことを表しています。
★ルカによる福音書のクリスマス物語には三人の博士は登場せず、黄金・乳香・没薬の豪華プレゼントもありません。出てくるのは貧しい羊飼いと、飼い葉桶に寝かせられた乳飲み子。羊飼いのもとに天使の声が響きます。「天には栄光、神にあれ。地には平和、喜びの人々に」。神様はこの世に生きるすべての命ある者を想い描き、すべての命ある者に平和をもたらす光を贈ります。照らされた羊飼いたちは、名前も知らない「飼い葉桶に寝ている乳飲み子」を想い描き、見つけるために出かけてゆきます。神様がすべての命ある者の平和を想い描き、羊飼いたちが飼い葉桶に寝ている乳飲み子を想い描く。それがルカのクリスマス物語の二つの贈り物なのでしょう。
★クリスマスの出来事の奥底には、「想い」を贈る。神様から人へ、人から人へ。そんなプレゼントが秘められているようです。
by oji-church | 2018-01-03 11:12 | 牧師からのメッセ-ジ