日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「地には平和、喜びの人々に」

〈いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ〉(ルカによる福音書2章14節)
★聖書のクリスマス物語は、真夜中に羊の番をしていた羊飼いたちだけに、飼い葉桶の中に寝かせられた救い主の誕生を告げています。それは不思議に満ちた物語です。なぜ、真夜中なのか、なぜ知らせを告げられるのは羊飼いたちだけなのか、なぜ、告げられる知らせは、飼い葉桶の中に寝かせられている乳飲み子なのか。この不思議な知らせが、わたしたちへの「しるし」であると言われます。聖書の語るクリスマスの出来事はわたしたちに、この不思議を解くことを求めているのです。
★不思議を解く鍵は、その次の天使の言葉にあります。「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、喜びの人々に」。光は神様がわたしたちにもたらしてくれるもの。人間は自分の栄光を求めて、かえって競争を引き起こし、敵味方に分かれて争い、暴力と傷をもたらしてきました。光は「いと高きところ」にいる神様が与えて下さるもの、人間はそれを自分だけのものにしようとしてはならない。わたしたちが光を、神様から与えられたものとして分かち合う時、地上に平和が生まれるのです。
★神様が天地万物を創られた時、神様は造られたすべてのものを見渡して、こう言われました。「見よ、それは極めて良かった」。これが神様が最初に挙げた喜びの声です。この世にあるものはすべて、本来神様から「とってもいい!」と喜ばれている存在なのです。ですから、「地には平和、喜びの人々に」というのは、この世界に生きるすべての人のもとに平和があるように、という呼びかけなのです。
★いま、わたしたちの生きる世界を見渡す時、力を持つ人々が自分だけの栄光を求める傍らで、平和を奪われている人たちが生み出されています。そんなもっとも小さくされた人たちのもとに、平和がもたらされる時にこそ、初めてこの世界に生きるすべての人々に本当の平和が訪れるのです。宮澤賢治さんは「世界が全体幸福にならないうちは個人の幸福はありえない」と言いましたが、たぶんそれはほんとうのことです。
by oji-church | 2017-12-25 09:58 | 牧師からのメッセ-ジ
e0088612_18010118.jpg

by oji-church | 2017-12-19 18:02 | 全体のお知らせ
「やぶれた家族の中に」

★イエス様とその両親ヨセフさんとマリアさんの集うクリスマスの情景は、「聖家族」として麗しく泰西名画の中にしばしば描かれます。そこから家族というものは無条件に麗しいものだという価値観が、教会の中にも深く根付いているように思います。むしろ教会が率先して「健全な」「麗しい」家族像というものを賞讃してきた歴史があると言えます。けれども、家族の形というのはどの家族一つを取ってみても一様ではないでしょう。麗しい家族像を賞讃することは、そうした家族像に当てはまらない人を排除することにも繋がります。性的少数者の人たちに対して、その人権や存在を認めない差別的な風潮がとりわけ教会に色濃いのも、そうした教会が形作ってきた家族に対する価値観が深く関わっているように思います。
★「麗しい家族像」を賞讃することは、国家が引き起こす戦争とも深く関わっています。先頃ある国会議員が「子どもを4人以上産んだ女性は国が表彰すべきではないか」という発言をして波紋を呼びました。「産めよ、増やせよ」とのかけ声の下に、子どもを産むことが最も奨励されたのは、戦時中でした。子どもを多く産んで、兵士を増やすことが目論まれたのです。
★いまの政府が「学校教材として用いることを否定しない」と閣議決定さえしています。その内容には「爾臣民、父母に孝行し、兄弟や夫婦は仲良く」と「麗しい」家族像が語られています。しかしその最後には「一旦緩急アレバ、義勇公ニ奉シ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼シ奉ルベシ」、家族が「麗しく」あることは、戦争の時に、「この世のある限り永遠に続く天皇の命運を守る」ためにそうしなければならないものだ、と言うのです。さらにいままた、与党は同じように家族の在り方を国が指図する内容の「家庭教育支援法案」なるものを準備しています。
★イエス様は「聖霊によって身ごもった」と言われる、当時の「麗しい家族」に当てはまらない、「やぶれた家族」の中に生まれました。そのことに、このクリスマスを待ち望む時、あらためて心巡らせたいと思います。
by oji-church | 2017-12-19 17:39 | 牧師からのメッセ-ジ
「レッテル貼りを退ける」

〈身内の人たちはイエスのことを聞いて取り押さえに来た。「あの男は気が変になっている」と言われていたからである。エルサレムから下って来た律法学者たちも、「あの男はベルゼブルに取りつかれている」と言い、また、「悪霊の頭の力で悪霊を追い出している」と言っていた〉(マルコによる福音書3章21~22節)

★イエス様が律法学者たちによって誹謗中傷するレッテルを貼られ、イエス様の家族らがそれに急き立てられて「取り押さえに来た」という話です。かつて戦時下、日本では「アカ」とか「非国民」とかいったレッテル貼りが横行しました。権力者たちがそれを奨励し、一般民衆はその尖兵として利用されました。戦時下日本のキリスト教は、自分たちがこのレッテル貼りの対象となることを恐れて、従順に国家の政策に従い、神社参拝や国民儀礼(宮城遙拝・君が代斉唱)を率先して行いました。背う線に出向いて、神社参拝を拒否する朝鮮のキリスト者たちに対して神社参拝を奨励することまでしました。あたかもイエス様を取り押さえにきた身内の者たちのようにです。
★戦後、日本の教会は降って湧いた「キリスト教ブーム」に乗っかり、戦前・戦時下の自らの有り様を反省することがありませんでした。日本の教会が、過去の自らの有り様を省みたのは、1967年に日本基督教団が発表した「第二次大戦下における日本基督教団の責任についての告白」、いわゆる「戦争責任告白」が初めてでした。日本の教会は自らのありようを省みるという点で、誠に「鈍い」と言わざるを得ません。
人にレッテルを貼り、人を排除し、抹殺していくような有様に乗っかっていくことが、キリスト教の信仰から見て果たして正しいことなのか、わたしたちはそのことを目を開き、目を覚まして省みる必要があるでしょう。
by oji-church | 2017-12-06 13:31 | 牧師からのメッセ-ジ