人気ブログランキング |

日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

6月9日の週報コラム「ひだり手」

その体に触れて(3)


〈この人はできるかぎりのことをした。つまり、前もってわたしの体に香油を注ぎ、埋葬の準備をしてくれた。はっきり言っておく。世界中どこでも、福音が宣べ伝えられる所では、この人のしたことも記念として語り伝えられるだろう。〉(マルコによる福音書14章8〜9節)

★「この人はできるかぎりのことをした」。この言葉を原文通りに訳すとこうなります。「この人は持っているすべてをわたしに注いだ」。こう語ることによって、今度はイエス様が彼女の人生の全体を尊び、慈しみ、受けとめるのです。そんなイエス様と彼女との重なり合った触れ合いを、わたしはこの場面に感じるのです。

★「世界中どこでも、福音が宣べ伝えられる所では、この人のしたことも記念として語り伝えられるだろう」。福音を語る時にはいつも、彼女の姿をも思い起こすべきなのです。福音のそばにはいつも、イエス様の体に臆することなく手を触れて香油を注ぎ、イエス様の命の全体を尊び、慈しんで、癒やし、慰めている彼女の姿があるのです。

★聖書が語る「福音」とは、イエス様がわたしたちの命を救ってくれて、はい、それでおしまいというものではありません。「福音」とはイエス様とわたしたちの関係なのです。もっと言えば「福音」とはイエス様とわたしたちとの「触れ合い」なのです。「福音」だけがただポツンとあるのではなく、福音のそばには必ず人の姿があるのです。その福音に触れる人の姿、イエス様に触れる人の姿です。これをひっくり返せば、わたしたちの傍らにはいつも、福音があるということでもあります。わたしたちの体に臆することなく触れて、死を越えてわたしたちの体に触れて、わたしたちの人生の全体、いのちの全体をなでさすって尊び、慈しみ、慰め、癒やすイエス様の手がわたしたちの傍らにはいつもあります。


by oji-church | 2019-06-12 10:05 | 牧師からのメッセ-ジ