人気ブログランキング |

日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

5月5日の週報コラム「ひだり手」

歴史をつなげて、〈いま〉を生きる


★天皇が代替わりし、元号が「平成」から「令和」となるそうです。わたし自身はもう長らく日常生活で元号は使っていないので、そもそも今年が「平成」何年だかもよく分からないのです。歴史を勉強する者にとって元号ほど不便なものはありません。「明治何年」「大正何年」「昭和何年」と言われてもそれが今から何年前のことなのか、同じ年に外国では何があったのか、計算し直して見なければ分からないのです。

★日本人は他の国や地域の人たちと比べて、自国の歴史を他の国や地域の歴史と繋げて、また自分自身に繋げて考えることが不得意だと言われます。それは、もしかしたらこの元号のせいではないかという気がしてくきます。元号が変われば、過去は現在との繋がりを失い、やがて消え去り、忘れ去られていくのです。また同時に、日本以外の国や地域との繋がりも失われ、日本にとって都合のいい歴史解釈だけが横行するようになります。

★天皇あるいは天皇制というのは、そもそもが国民を一つの方向に仕向けるために用いられる「道具」なのです。天皇はそのように自分が「道具」として用いられることを、拒否できません。いま、人々がこぞって天皇を礼賛し、天皇の姿に熱狂して一色に染まる様子を見るにつけ、わたしはおそれを禁じ得ません。戦争前も人々は同じように天皇を礼賛し、天皇に熱狂しました。時の政府はそれを最大限に利用して、戦争へと人々を導いていったのです。その歴史をかえりみるとき、「果たして今のこの状況は、わたしたちにとって『よいもの』なのだろうか」という疑問が湧いてきます。歴史とつながって、歴史をかえりみることが、わたしたちを立ち止まらせ、未来を深く考えさせます。そのように自分を歴史に繋げて考えることは、わたしたちが「いまを生きる」上で、是非とも必要なことなのです。


by oji-church | 2019-05-08 13:17 | 牧師からのメッセ-ジ