人気ブログランキング |

日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

4月7日の週報コラム「ひだり手」

天使の翼は生えているか(2)

★人間の幸福といってしかし、それは別に富を蓄えて裕福にはぶりよく生きるなんてことではありません。人間というのは、聖書にもありますが、たった一杯の冷たい水にも、あるいはたった一杯の温かい飲み物にも、無上の喜びを感じることができるものです。そのようにささやかな、小さな物事に、こちらが計り知れない大きな喜びを受けとめて、それによって生きる痛み、苦しみ、悲しみの挫折からよみがえり、もう一度立ち上がって人間らしく生きていくようになる、そんな人の姿に幾度も出会い、触れさせていただいてきました。

★「復活はある」というのは、そんな幸福というものに向かっていこうとする、人間のささやかな願い、希望の切なる積み重ね、その一つ一つの先に思い描かれたものではないかと思うのです。聖書が語るのは、神様はその人間の幸福へと向かおうとするささやかな、切なる願いに、きっと応えて、祝福し、守り支え、導き、救い出すのだと、そのことを伝えるためにイエス様をこの世に送られたのだということです。

★生きているということは、現実の制約の中で、ルールに沿って独りで決まった道を進むことではなく、人間同士、出会い、触れ合い、感じ合いながら共に生きることです。

★わたしたちがいまここに生きているということ自体、もうすでに、ルールを越え、現実の制約の壁を越え、死をさえ越えて羽ばたき、出会い、共に生きることのできる、天使のように自由な翼あるいのちを与えられているということなのです。

★ご自分の背中に天使の翼が生えているのが見えるでしょうか。ルールを越え、現実を越えた想像力が必要です。お互いがお互いにとって、天使のような存在であることを見いだしつつ、出会い、触れ合い、感じ合って、ルールを越えて、現実の冷たさを越えて、死をさえ越えて、共に生きゆくものでありたいと願うものです。


by oji-church | 2019-04-10 17:35 | 牧師からのメッセ-ジ