日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

4月29日の週報コラム「ひだり手」

「平凡な日常の背後には」(2)

★教会では、毎週だいたい見慣れた馴染みの顔に触れます。そのことで安心して気持ちが落ち着くということもあるかもしれません。でもその反面、見慣れ馴染んだ日常の平凡さの中に埋もれて、身体は生きてはいても、心は死んだように固まって動かなくなってしまっているということもあり得るでしょう。そんなわたしたちに向かってイエス様は、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と繰り返し繰り返し、呼び返しておられるのだと思います。
★ご高齢で、いま入院をされているある信徒の方が、たびたびにわたって仰っておられた言葉が胸に刻まれています。一日の終わりに、お祈りをして、その日一日のことを思い返すのだそうです。そうして、そこに注がれた神様の守りと導きを思い巡らせるのだと。平凡な日常の中に、神様の働きを、新しく自由なイエス様の教えを、驚きと感謝とをもって見つめ返すことを続けておられたのでしょう。
★わたしたちは皆、ありふれて、見慣れた平凡な日常の中で年を重ねてゆきます。しかし、その見慣れありふれた平凡な日常の中に、その奥底に、見慣れありふれた平凡な日常を越えて、尊くかけがえのない、わたしたちを解放する自由な新しい教え、福音が響いているのだということ。その響きの耳をそばだてて、受けとめて、日々新たにされていく者でありたいと願うものです。
by oji-church | 2018-05-02 09:54 | 牧師からのメッセ-ジ