日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2月18日の週報コラム「ひだり手」

「夜昼、寝起きすることは」

〈神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、夜昼寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。〉(マルコによる福音書4章26~27節)。

★イエス様のこのたとえ話を聞いていた人たちは、貧しい農民だったでしょう。権力者たちから「生かさず、殺さず、搾り取れるだけ搾り取られる」、そんな生活を送る人たちです。今日と明日を生きるために、夜昼、ただただ寝起きするためだけにも、畑に出て種まきをしなければならなりません。こんなことしていたって、ちょっとでも暮らしが楽になるわけでもないのに、というため息混じりにも。
★今日と明日、ただ夜昼寝起きするためだけに、種まきに出かけていくという、イエス様の話を聞く農民にとっては当たり前のツマラナイ光景を、しかしイエス様は「神の国は次のようなものである」と言われるのです。イエス様は「いやいや、そうでもないぞ」と言うのです。「今日と明日を生きるために、畑に種まきに出かけていくことは、決してツマラナイことなんかじゃないぞ。それは、ひょっとすれば、この世界全体を創って、取り仕切っておられる神様の働きと、どこかで繋がっているかもしれないぞ」。そう伝えることが、もしかしたらイエス様がこのたとえ話を語った意味だったのかもしれません。(つづく)
by oji-church | 2018-02-22 11:31 | 牧師からのメッセ-ジ