日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2月4日の週報コラム「ひだり手」

「食べる」

★先週月曜日、胃と腸の内視鏡検査を受けました。このところ三年連続で腸にポリープが見つかり、毎年検査を受けるハメになっています。検査前日は検査しやすくするために三食いわゆる「検査食」を食べます。検査当日は絶食。ポリープが見つかって切除すると、一晩入院させられ、終日食事はオアズケ。翌日も一日検査食です。今回もやはりポリープが見つかり、検査食→検査→入院→絶食→検査食のコースを辿りました。検査そのものはもう慣れて、どうってことないのですが、問題は検査食。決してまずくはないのですが、如何せん量が少なく空腹とのたたかいになります。空腹と言っても決して「飢餓」ではないのですが、わたしはどうもこれが苦手のようです。目につく食べ物すべてが美味しそうに見えて、しまいにはウチで猫が食べているキャットフードまでウマそうに見えてくる始末。
★ハタと気付いたのは、普段自分が多分に〈食べる〉ことでストレス解消しているらしい、ということでした。決してゼイタクなものを、あるいは大量に食べているわけでもないのですが、どうやら〈食べる〉ことで気分転換しているらしいのです。それが無くなる、あるいは充分な量でないと落ち着かず、身の置き所がなくなってくる。普段あまり物事がメンタルに響かない鈍感なわたしですが、空腹が一番メンタルに響くことが分かりました。
★わたしを痛めつけたければ、「食べさせない」ことが最大の攻撃です。これもヒトの性(さが)かもしれませんが、ともあれ精神衛生を〈食べる〉に依存しているのはあまりいいことではありません。問題が分かって、さてこれをどう克服すべきか、今のところ見当がつきません。ちょうどいい〈食べる〉は、どのあたりにあるのか、お知恵をいただければと思います。
by oji-church | 2018-02-07 11:13 | 牧師からのメッセ-ジ