日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「韓国での出会いから」

★4月17日から20日にかけて、北支区長として韓国基督教長老会ソウル老会(「ソウル教区」のようなもの)の定期会(「総会」のようなもの)に出席するためにソウルを訪問しました。これで定期会に出席するのは4度目になりますが、毎回行くたびに、ソウル老会の方々は多忙を極める中で歓迎され、盛んな食事の接待や、韓国内の歴史を学ばせてもらえるいろいろな場所に連れて行っていただけることは本当に有り難く、感謝のしようもない程です。
★この間、知り合うことのできた牧師さんの中に、イン・ヨンナム先生がおられます。一昨年までソウル老会の総務(事務の総責任者のようなお仕事)を務めておられました。普段コワモテながら冗談ばかり言っている気さくな方ですが、本当に律儀な方で、定期会のお仕事やご自分の教会の働き(韓国の教会は毎朝5時くらいに早天祈祷会が行われます)に忙しい中を縫って、夕食後、ただわたしたちと一杯のコーヒーを飲むためだけに駆けつけてくださいました。一昨年、わたしが個人で韓国を訪れたときもホテルの手配をしてくださり、ソウル以外の町で泊まりがけで重要な会議をしている最中に時間を作ってソウルまで出て来てくださり、夕食をご馳走してくださいました。今回も、最後はただわたしたちをほんの一瞬見送るためだけに、車で1時間弱かかる空港まで駆けつけてくださいました。韓国の方々のこうした篤い懇意を有り難く思うと同時に、わたしたち日本人が見習わなければならないことだなあと思わされます。
★そのイン・ヨンナム牧師から、いまご自身が牧されているヒョンソ教会と王子教会とで交流を結びましょうとの提案を頂きました。本当に有り難く思いました。ぜひ実現に繋げて、本当に顔と顔とを合わせた出会いと繋がりを形作っていきたいと願っています。
by oji-church | 2017-04-26 13:36 | 牧師からのメッセ-ジ
「ののはな」

★寒かった3月から、4月に入ってようやく春らしい気候になってきました。教会の植え込みの花もそれぞれに色とりどりの花を咲かせて、心を和ませてくれています。それぞれにいろいろな人が植えたもので、ほとんど手入れもしていないのに毎年こうして花を結んでくれることに感謝の思いで一杯です。この花々の姿から学ばされることはたくさんあります。
★「ののはな」の名前を冠した子ども食堂にも、一人また一人といろいろなところから子どもたちが集まってくるようになりました。ささやかな「居場所」ですが、本当にこの場所を楽しみにしてくれ、またここで出会って友だちになったつながりを、本当に喜んで大切にし合ってくれています。その姿を見るにつけ、まさに「野の花を見よ。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった」という言葉の真実を教えられます。
by oji-church | 2017-04-21 15:16 | 牧師からのメッセ-ジ
「つまずきましょう」(3)

★振り返ればこれまで、自分がサービスを受けることより、人のために立ち働く人が、他の誰よりも生き生きと喜んでいる姿に出会わされてきたなあと思わされます。心身の不自由など「弱さ」を負って小さくされた人から、あるいは小さな子どもから、力強く人を励まされ、背中を押されたことは何度も。わたしなどよりもよほど厳しい貧しさの中にある人から招かれて、歓待を受けたことは数知れず。そんな、この世の常識をひっくり返したような生き様に触れさせられてきた。その度毎に、いっぱしに一人前のこの世の、世間の常識を身につけてきたと思っていた自分自身をつまづかせられ、打ち砕かれてきました。でもその度毎に、神様から与えられてある本当の「いのち」というものに触れさせられてきたようにも思う。
★この世の「当たり前」をひっくり返す神様の働きは、この世の表側からは見えないところで確かに、今日も今も働いて働いているます。
by oji-church | 2017-04-12 16:15 | 牧師からのメッセ-ジ
「つまずきましょう」(2)

★「コレハドウイウコトダロウカ? 力が弱さの中でこそ発揮されるというのは、仕えられるためではなく、仕えるために来るというのは、最も小さい者が、最も偉い者だというのは、貧しい人々が幸いだというのは?」。考え始めると、ワケが分からなくなる。心が乱されて、バラバラになる。つまづき転んで、自分というものが地面に落ちた卵のように割れる経験をする。
★「人の子は必ず多くの苦しみを受けて、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺される」というイエス様の言葉を聞いて、ペトロは「そんな物騒なことを言っちゃいけません」と、この世の物の考え方からすれば当たり前のことを言ったはずでしたが、それを「サタン、引き下がれ」とこっぴどくイエス様からこっぴどく叱られて、ペトロの心は乱れ、砕かれ、バラバラになったことでしょう。でもそんな乱れ、砕かれた心でもって、もう一度この世界を見直してみるとき、この世界が違って見えてくるということがあるのじゃないか。
★これまで当たり前と思ってきたことが、当たり前じゃなく見えてくることがあるのじゃないか、と思うのです。「当たり前」と思っていた自分自身が砕かれて、「当たり前」の自分自身が砕かれることによって、はじめて、「いのち」というものの本当の姿が見えてくるのです。「自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである。人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の特があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか」。これが「いのち」というものの本当の姿です。この世の常識とは正反対の。
by oji-church | 2017-04-05 10:20 | 牧師からのメッセ-ジ