日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ほんとうの自由(1)
★ローマ帝国は、「帝国への忠誠」を誓い、皇帝崇拝に従う限りにおいては、「パンとサーカス」という楽しみを手にすることができました。けれども、果たしてそれは「本当の自由」でしょうか。「崇拝」というのは、心の奥底の一番深いところで行われる振る舞いでしょう。その心の奥底の一番深いところで行われる振る舞いを、自分の思いではなく、命令を受けて行うとしたら、わたしたちは自分自身の一番深いところを、他人の手に譲り渡してしまうことになります。自分自身の一番深いところを他人の手に譲り渡してしまったとしたら、やがて、そんなに深くないところも、他人の意のままに操られることになってしまいます。十戒の掟で神様が語る「わたしをおいて他に神があってはならない」という教えが意味しているのは、自分の「底」に神様以外の誰かの手を入れさせてはならないということなのだと思うのです。そのようにして、自分を誰かに譲り渡してはならないということです。
★戦前の日本は、このローマ帝国と同じような状況にありました。国の主権者は天皇であり、国民は「天皇の臣民」でした。憲法も国民が議会を通じて作ったものではなく、天皇から与えられたという形を取っていました。そして天皇を崇拝することが国家によって、絶対的なこととして要求されました。国は天皇崇拝(国家神道)は宗教ではないから、たとえクリスチャンといえども、これに従わなければならないとしました。戦前の大日本帝国憲法にも「信教の自由」が定められていましたが、その文面はこういうものでした。「日本臣民ハ安寧秩序ヲ妨ケス及臣民タルノ義務ニ背カサル限ニ於テ信教ノ自由ヲ有ス」。天皇崇拝、国家神道、例えば神社参拝などを行わなければ、「臣民たるの義務」に背くことになります。そうなれば、キリスト教は国家に反逆するものとして弾圧の対象となります。しかし、戦前の日本においても、ローマ帝国においてそうであったように、多くの人々は、さほど不自由を感じずに暮らしていました。(つづく)
by oji-church | 2016-08-24 12:27 | 牧師からのメッセ-ジ
70年という年月

★敗戦後、71年目の夏を迎えました。聖書には、ユダの国がバビロニアによって滅ぼされ、多くの人々がバビロニアへ捕囚として送られた後、「七十年の時が満ちたなら、わたしはあなたたちを顧みる」という神様の言葉が記されています。神様に従うことをなおざりにしたユダの国の人々は、その代償として、70年間、国の滅びと捕囚という痛切な憂き目を見なければならなりませんでした。つまり、最初にバビロニアに捕囚として送られた人たちは、生きてもう一度、ユダの国に戻ることはできないことを意味しています。聖書が語る70年間の捕囚の期間というのは、人が一生をかけて、自分たち自身の罪と、その罪によって引き起こされた惨禍を直視して、心に刻み、そして語り伝えることで、本当の平和を願い求め、見出し、形作る者へと、わたしたち人間が生まれ変わっていく、ということを意味していのでしょう。そのような努めを重ねて、「七十年の時が満ちたならば、わたしはあなたたちをもう一度顧みる」と神様は語っているわけです。
★翻って、あの戦争から今にいたるわたしたちの暮らす国の70年は、どんなものだったでしょうか。この70年間、果たしてわたしたちは、あの戦争において犯した日本人の罪と、その惨禍を直視し、心に刻み、語り伝えてきただろうか。そうすることを通じて、本当の平和を願い求めて、見つけ出し、形作るべく努めてきただろうか。それを怠るならば、たとえ70年の年月を経たとしても、神様はわたしたちを顧みはしないだろう。
★70年という年月は不思議な感じがします。1868年の明治維新からおよそ70年後に、日本は泥沼の戦争に突入していきました。そしてその戦争が終わってから、また70年の年月が過ぎたわけです。日本人が、戦争というものの罪と惨禍を直視し、心に刻み、語り伝え、それによって本当の平和を願い求め、見出し、形作ることを怠って70年が過ぎたとき、巨大な戦争の嵐に突入していきました。いままた、同じような過ちと惨禍を経験することになるのではないかと危惧しているのです。
by oji-church | 2016-08-17 13:56 | 牧師からのメッセ-ジ
顔の覆いを取り去って

〈主の霊のおられるところに自由があります。わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます〉(コリントの信徒への手紙Ⅱ第3章17~18節)。

★誰もが、顔の覆いを取り除かれて、自分自身の生きた生身の、裸の命を輝いて生きることができることを聖書は宣言しています。けれどもわたしたちの生きる世の中は、なかなかそのようにはなっていません。人の痛みや苦しみに共感することが少なくされ、国を隔てて対立が煽られ、その分、軍事力を頼りとし、わたしたちはますます、自分の顔に覆いをし、生きた生身の裸の命どうしに触れ合うことが難しくされていくようでもあります。国を隔てて、自分の国のことばかりを「輝かしい」もののように思いなし、互いに対立し合っている今の国々どうしの関係というのは、実は、わたしたちが自分自身の、生きた生身の、裸の命を「恥ずかしい」もののように思って、自分の顔に覆いを掛けてしまうことと裏腹に繋がっているようにも思います。わたしたちが自分自身の、生きた生身の、裸の命を「恥ずかしい」もののように思って、自分の顔に覆いを掛けてしまえばそれだけ、ひとの痛みや苦しみは、他人事となってしまうからです。
★このわたしたちの顔を覆う覆いを取り除き、誰もが神様によって与えられた〈わたし〉を生きることで、生き生きと輝いて生きることができる。そのためにイエス様はわたしたちのもとを訪れ給う。そのことを心に刻んで、なお希望を持って、神様から与えられた〈わたし〉自身を、覆いを掛けずに生きてゆきたいものです。
by oji-church | 2016-08-03 11:13 | 牧師からのメッセ-ジ