日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ぼくらはみんな生きている」

《「さあ、行って、弟子たちとペトロに告げなさい。『あの方は、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。かねて言われたとおり、そこでお目にかかれる』と。」婦人たちは墓を出て逃げ去った。震え上がり、正気を失っていた。そして、だれにも何も言わなかった。恐ろしかったからである。」(マルコ16章7~8節)

★あの震災から三度目のイースターを迎えいました。こんなふうにイースターを数えるようになったのはあの震災からです。最初のイースターは震災から一ヶ月半経った時でした。どんなふうにイエス様がの復活をお祝いしたらいいのか分かりませんでした。次の年、何にもできない弟子たちの苦しみと、イエス様の十字架の苦しみはつながっている。そう思いました。そうして今年三度目のイースター。今思うのは、それでも僕らはいまこうして生きているということです。生きている限り、できないこともたくさんあるけど、出来ることだってたくさんある。それはとっても大事なこと。そう伝えるために、イエス様はもう一度よみがえられたのじゃないか。そんなふうに思うようになりました。
★女性たちもすぐには「誰にも何も言えなかった」かもしれません。でもきっと、誰かに何かを伝えることの出来る日が来たのだと思います。聖書は言っています。さあ、今度はあなたの番だと。あなたは今生きています。その今を生きているあなたの命の中に、復活されたイエス様は一緒に生きています。だから勇気を出して、出来ることをやってみてください。それが復活されたイエス様を証しするということです、と。今、僕らはみんな生きているということの意味を大切にしていきたいと思います。
by oji-church | 2013-04-10 11:04 | 牧師からのメッセ-ジ
「ただ傷つくことによって」

★人は傷の痛みをひととき忘れるために人を傷つける。傷つけられた人はその傷の痛みをひととき忘れるためにまた誰かを傷つける。
★キリスト教の「救い」とは、幸せになることでもなければ、天国に行くことでもありません。この傷と傷、痛みと痛みの連なりから、わたしたちが解放されることです。自分の傷の痛みをひととき忘れるために誰かを傷つける。そんな獣のような自分に傷ついて、わたしたちはイエス様に助けを求めます。
★自分の傷の痛みを忘れようとして誰かを傷つける、そのわたしたちの攻撃を、イエス様はただ自分一人に受け、ひたすら傷を受けようとされます。
★わたしたちが傷つけられて痛み苦しんでいる時、わたしたちの傍らに、誰か一緒になって傷を受け、一緒になって痛み苦しんでいる人がいることを見つける時、その時こそ、わたしたちの傷は本当に癒されます。イエス様はそのようにして人間を救おうとされました。
by oji-church | 2013-04-03 12:09 | 牧師からのメッセ-ジ