日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2017年 05月 03日 ( 2 )

イースターのひよこたち

e0088612_11382264.jpg
教会学校の子どもたちが作ったかわいいひよこたちが教会の窓辺に迎えてくれます。


by oji-church | 2017-05-03 11:39 | 教会学校のご案内
「知るとは愛すること」

〈一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった〉(ルカによる福音書24章30~31節)

★イエス様が十字架に付けられて殺された後、二人の弟子たちは復活したイエス様に出会いますが、二人はそれがイエスだとは気付かず、通りすがりの旅人と思って「そんなことも知らないのか」とイエス様が十字架に掛けられて殺されたことを「オレの方が知っている」とばかりに得々と説いて聞かせます。すぐ目の前に、隣りにいる人を、同じ人間とわかっていながら、人間として心通わせて出会うことができない。そんな人間の弱さ、不完全さを、わたしたち誰しもが実は持っています。
★日暮れが近づき、二人の弟子たちは、なお先に進もうとされる旅人を、エマオの村にある自分の家に強いて招きます。そこでイエス様と二人が食事の席に着き、パンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いて渡したその時、はじめて二人の「目が開け、イエスだと分かった」と語られています。
★韓国では「食口(シック)」という、「一つのお皿からみんなで食べれば、もうそれで家族だ」そんな意味の言葉があります。人間は食べなければ生きては行かれない存在です。そんなある意味で人間の持っているどうしようもない弱さを、「一緒に食べる」ということは、共に分かち合うという意味があるのだと思います。そういう意味で、「一緒に食べる」というのは「愛する」ということの一つの形でもあるのでしょう。一つのパンを分かち合い、そのようして「愛する」ことをした時、はじめて目が「開けて」、弟子たちは「イエスだと分かった」のです。
★「一緒に食べること」は「愛すること」、「知る」とは「愛すること」。一緒に食べることを通じてわたしたちがお互いを知り合う時、そこに「愛すること」が起こっています。今、隣国同士、敵意や競合がわき起こっている中で、大切にしなければならないことかもしれません。
by oji-church | 2017-05-03 11:33 | 牧師からのメッセ-ジ