日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2017年 03月 15日 ( 1 )

「語る言葉を持たない声に耳を寄せて」

〈イエスは……一人の子供の手を取り、御自分のそばに立たせて、言われた。『わたしの名のためいこの子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。……あなたがた皆の中で最も小さい者こそ、最も偉い者である』〉(ルカによる福音書9章47~48節)。

★イエス様は、「誰が一番偉いか」という議論に対して「自分が一番偉い」「自分が一番正しい」とは言わないのです。「自分が一番偉い」「自分が一番正しい」のだから、自分の言うことを聞け、自分を受け入れろ、とは言われないのです。そうではなくて、一人の子どもの手を取ってそばに立たせて、この子を「受け入れなさい」と言われるのです。弟子たちはびっくりしたでしょう。子どもというのは当時、ただただ世話の必要な厄介者と見なされていました。「子どもの人権」などと言われるようになったのはごくごく最近のことです。そんな中、イエス様は「誰が一番偉いか」という議論に対して「この子どもを受け入れなさい」と、つまりは「この子どもの言うことを聞きなさい」と言われたのです。そして、それがイエス様を受け入れるということであり、神様を受け入れるということなんだと言ったのです。「あなたがた皆の中で最も小さい者こそ、最も偉い者である」。
★よくわたしたちは謙遜して「わたしなど小さな者です」なんて言ってみたりしますが、実はそれは、ここでのイエス様の言葉に照らしてみれば「エライ」ことを言っていることになります。「自分が一番偉い」と言っていることになるのですから。「わたしなど小さな者です」と「言える」ということは、実は結構自己主張している、ということでもあるわけです。
★大人たちの間に立たされた子どもは「わたしなど小さな者です」とも言えなかったでしょう。語る言葉を持っていなかったでしょう。でもそんな小さな子どものように「語る言葉」さえ持たない者、その「弱さ」「小ささ」に、じっと耳を寄せて、耳を傾け、受けとめていくことの中に、わたしたちが神様を受け入れる、神様に聞き従って生きていくという道筋があるんだ、といういことを、イエス様は弟子たちに示されたのではないでしょうか。
by oji-church | 2017-03-15 10:53 | 牧師からのメッセ-ジ