日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年 01月 11日 ( 1 )

「『生きていく人間』であるために」

★2017年が明けました。まだこの年がどんな年になるのかはわたしたちには分かりません。わたしたちに出来ることは過去を振り返りつつ、そこで経験したことを未来に生かすことだけです。昨年2016年はどんな年だったでしょうか。4月には熊本で大きな地震があり、50人の方が命を奪われました。いまも救援、支援の働きが求められています。10月にも鳥取でやはり大きな地震がありました。さらには11月にも福島県沖の地震により、あの東日本大震災以来、再び津波が起こり、現地の人たちは恐ろしさに打ち震える経験をしなければなりませんでした。このように自然災害が続いている状況は、何かわたしたち人間に警鐘を鳴らしているように思えてなりません。
★メディアではオリンピックの話題がたけなわです。その一方で、オリンピック開催に掛かる費用を巡る駆け引きが連日報道されていました。そもそも遡ってみれば、このオリンピックは「福島の原発は完全にコントロールされている」と、世界中に「嘘」を報告することで招致にいたったものです。
★こうした「嘘」の背景には、「嘘をついて騙しても構わない」という人間を軽視し、見くびる思いが隠れているように思います。こうした人間に対する軽視、侮りは必ず、人間を痛め傷つけても構わないという「暴力」へと繋がっていきます。嘘をついても、力を持つことこそが「正しい」ことだと考えて、嘘や不正を告発されても力でねじ伏せてしまえばいいと考える傲慢な権力崇拝が生まれます。
★権力崇拝が、必ずや人間そのものを破壊し、人間を滅びへと導くものであることを聖書は語っています。真実を見据えるということは、人間を尊重するということです。「滅びへと至る人間」ではなく「生きていく人間」であるために、真実を見据えることを大切にしてゆく1年にしたいと願うものです。
by oji-church | 2017-01-11 16:37 | 牧師からのメッセ-ジ