日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

1月20日の週報コラム「ひだり手」

「『高齢化』という新しさ」

★先週1月14日に王子教会の所属する日本キリスト教団東京教区北支区主催の信徒大会がありました。主題は「主の愛に生かされて共に生きる~すべての年代を超えて」。とくに高齢者のことがらについて話し合いがもたれました。
★教会の「高齢化」が言われるようになって久しくなります。王子教会もその例外とはいえません。わたし自身、まだまだ若輩の身で、この「高齢化」については、あまり積極的な、希望ある思いを持てずにずっと来ていました。
★けれども、先の信徒大会でさまざまな教会が「高齢化」の波の中にあって、教会員同士が支え合いながら、さまざまな取り組みをしていることをお聞きして、少し希望を持つこともできたように思います。「高齢化」の波の中で、「青年に伝道しなくては教会の未来はない」というようなことを言う人もいますが、高齢の方を巡っても、教会として新しい取り組みが出来ることを教えられました。
★確かに、社会全体の「高齢化」の中にあって課題は多くありますが、課題を与えられるということは同時に、それを乗り越える「新しい発想」を生み出す出発点を与えられるということでもあると思います。願わくは、頭の中だけは「高齢化」せずに、柔軟な発想を持つことができれば、決して希望がないなどとはいえないことを思わされました。(大久保)
by oji-church | 2008-01-26 11:30 | 牧師からのメッセ-ジ