日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

12月16日の週報コラム「ひだり手」

「人間の枠を超えた小ささで」

★「ごく小さなものたちの世界も、関心をもつ人はほとんどいませんが、とても興味深い世界です。/子どもたちは、きっと自分自身が小さくて地面に近いところにいるからでしょうか、小さなもの、目立たないものをさがしてはよろこびます。そのことに気がついたならば、わたしたちがふだん急ぐあまりに全体だけを見て細かいところに気をとめず見落としていた美しさを、子どもとともに感じとり、その楽しさを分かち合うのはたやすいことです。/自然のいちばん繊細な手仕事は、小さなもののなかに見られます。雪の結晶のひとひらを虫めがねでのぞいたことのある人なら、だれでも知っているでしょう。……また、いろいろな木の芽や花の蕾、咲き誇る花、それから小さな小さな生きものたちを虫めがねで拡大すると、思いがけない美しさや複雑なつくりを発見できます。それを見ていると、いつしかわたしたちは、人間サイズの尺度の枠から解き放たれていくのです」(レイチェル・カーソン『センス・オブ・ワンダー』)。
★わたしたちは、「人間を超えたもの」と言われると、どうしても人間よりも大きなものを思い浮かべてしまうものです。けれども、わたしたちオトナよりも、もっと「人間を超えたもの」への鋭い感覚を持っている子どもたちにしたがって、「人間を超えたもの」へと思いめぐらせていくと、ときに図らずも、自分よりも小さなもので、これまですぐそばにあったのに、気付かなかったものに導かれます。
★小さくて、すぐそばにあったのに気付かなかったもの。そういうものの中に聖書の語る「福音」なるものは、隠されているように思うのです。
★クリスマスは、ひとけの絶えた裏通りの地べたにすえた飼い葉桶の中で起こった小さな小さな出来事です。この小さな出来事に導かれて、わたしたちは人間の枠を超えた存在に出会わされるのです。「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」。
by oji-church | 2007-12-20 10:22 | 牧師からのメッセ-ジ