日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

12月17日の週報コラム「ひだり手」

「やぶれた家族の中に」

★イエス様とその両親ヨセフさんとマリアさんの集うクリスマスの情景は、「聖家族」として麗しく泰西名画の中にしばしば描かれます。そこから家族というものは無条件に麗しいものだという価値観が、教会の中にも深く根付いているように思います。むしろ教会が率先して「健全な」「麗しい」家族像というものを賞讃してきた歴史があると言えます。けれども、家族の形というのはどの家族一つを取ってみても一様ではないでしょう。麗しい家族像を賞讃することは、そうした家族像に当てはまらない人を排除することにも繋がります。性的少数者の人たちに対して、その人権や存在を認めない差別的な風潮がとりわけ教会に色濃いのも、そうした教会が形作ってきた家族に対する価値観が深く関わっているように思います。
★「麗しい家族像」を賞讃することは、国家が引き起こす戦争とも深く関わっています。先頃ある国会議員が「子どもを4人以上産んだ女性は国が表彰すべきではないか」という発言をして波紋を呼びました。「産めよ、増やせよ」とのかけ声の下に、子どもを産むことが最も奨励されたのは、戦時中でした。子どもを多く産んで、兵士を増やすことが目論まれたのです。
★いまの政府が「学校教材として用いることを否定しない」と閣議決定さえしています。その内容には「爾臣民、父母に孝行し、兄弟や夫婦は仲良く」と「麗しい」家族像が語られています。しかしその最後には「一旦緩急アレバ、義勇公ニ奉シ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼シ奉ルベシ」、家族が「麗しく」あることは、戦争の時に、「この世のある限り永遠に続く天皇の命運を守る」ためにそうしなければならないものだ、と言うのです。さらにいままた、与党は同じように家族の在り方を国が指図する内容の「家庭教育支援法案」なるものを準備しています。
★イエス様は「聖霊によって身ごもった」と言われる、当時の「麗しい家族」に当てはまらない、「やぶれた家族」の中に生まれました。そのことに、このクリスマスを待ち望む時、あらためて心巡らせたいと思います。
by oji-church | 2017-12-19 17:39 | 牧師からのメッセ-ジ