日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

7月2日の週報コラム「ひだり手」

「やさしいつながり」

〈「あなたはわたしの愛する子。わたしの心に適う者。」〉(マルコによる福音書1章11節)

★教会で子ども食堂を始めて八ヶ月になりました。最初はただ子どもを集めて、食事を提供すればそれで済むことと考えていました。けれども、一人また一人と、家庭にも学校にも居場所を持てない子どもたちが集まって来ました。送り迎えをする中で、その子どもたちが、この食堂の場を、自分たちの居場所としてどれだけ心待ちに、楽しみにしてくれているかが、ひしひし伝わってきます。居場所を持たない子どもたち、と言って、じゃあ「居場所」って何なのだろうかと考えます。
★子どもたちは、確かにご飯を食べにやって来るのだけれども、でも求めているのは実はご飯じゃない。子どもたちの様子を見ていると、飢えているのは、何よりも人との「つながり」です。それも「やさしい」つながり。じゃあ、やさしいつながりって、いったいどんなつながりか? それはもしかして、「あなたは大事な存在だよ」という声を、呼びかけを、語りかけを、受け取るつながりじゃないかと思い至ります。子どもたちは、家庭でも、親が病気だったり、忙しかったり、問題を抱えていたりして、その声を受け取ることができずに、やさしいつながりに、ひときわ飢えている。でも子どもだから、それが何なのか、よく分からないし、うまく言えないでいる。そんなふうに感じられます。
★わたしたち人間は、道具として生まれてくるのではないから、何かを求めて生きる。裸で生まれた赤ちゃんの時からずっと、何かを求めて生きている。その裸の存在に向かって、何の条件もなく、無条件に「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」、「あなたは大切な存在です」と語りかけられる時、はじめてわたしたちは、誰かのために生きることができるようになる、のではないでしょうか。

by oji-church | 2017-07-05 11:29 | 牧師からのメッセ-ジ