日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

5月28日の週報コラム「ひだり手」

「すでに手遅れだった」

★先週、衆議院で「共謀罪」法案が可決されました。実際に犯罪が行われるよりも前に、その「準備」をなしたと見なされる者を逮捕・起訴できる法律です。どのような振る舞いが犯罪の「準備」と見なされるかについて、国会では曖昧かつ「いい加減!」な答弁しかなされないまま法案は可決されました。この法律が成立すれば、官憲から目をつけられた人は、恣意的に「犯罪の準備をした」と見なされ、逮捕・起訴され、犯罪者とされる可能性が生じます。これは、戦前に「希代の悪法」と呼ばれた「治安維持法」と同じ働きです。戦前・戦時下、治安維持法によって、官憲から目を付けられた無実の人が多く逮捕・投獄されました。戦時下ホーリネス系教会が弾圧され、牧師が逮捕・投獄され、教会が解散を余儀なくさせられたのも、治安維持法によるものでした。それは人々の間に国には逆らわないほうがいいという萎縮を生み出します。
★「特定秘密保護法」「安保法制」「共謀罪」。いずれも国の力を強め、国を国民・市民から遠ざける法律です。この状況は「戦前に近づいている」というよりも、もはや「戦前である」と言った方が近いでしょう。首相は憲法9条の改憲を呼びかけていますが、そうなれば確実にそれは、「戦時下」になることでしょう。
★ナチス・ドイツと闘ったドイツの牧師マルティン・ニーメラーの言葉が、いまわたしたちに大事なことを呼びかけているように思います。「ナチが共産主義者を襲ったとき、自分はやや不安になった。けれども結局自分は共産主義者でなかったので何もしなかった。それからナチは社会主義者を攻撃した。自分の不安はやや増大した。けれども自分は依然として社会主義者ではなかったので、やはり何もしなかった。それから学校が、新聞が、ユダヤ人が、というふうに次々と攻撃の手が加わり、そのたびに自分の不安は増したが、なおも何事も行わなかった。さてそれからナチは教会を攻撃した。そうして自分はまさに教会の人間であった。そこで自分は何事かをした。しかしそのときにはすでに手遅れであった」。
by oji-church | 2017-05-31 17:28 | 牧師からのメッセ-ジ