日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

5月7日の週報コラム「ひだり手」

「イムジン河の畔」(1)

★4月17日から20日にかけて、韓国基督教長老会ソウル老会の定期会に出席するため、ソウルに行きました。日本では連日、アメリカと北朝鮮が一触即発の事態にあるかのような報道がなされていました。韓国でも同じように皆が深刻な危機感の中で緊張しながら暮らしているかのような報道です。帰ってきた今も同じような報道が繰り返されていますし、わたし自身も実際に行くまでは、韓国の人たちも同じような危機感の中で暮らしているものと思い描いて、「一緒に平和を祈りましょう」というメッセージを携えて行く準備をしていました。しかし、実際に韓国に行ってみると、韓国の人たちは、ごく普通の当たり前の日常の生活を続けていました。むしろ、日本でそんな大騒ぎになっていることに驚くと同時に、あきれてもいました。韓国の人たちは、こうした危機感というのが、一部の権力を持つ人たちが自分たちに都合良く社会を動かそうとして「演じられている」ものだということを、日本人よりも余程冷静に見極めている感じがしました。何故かと言えばそれは、日本による過酷な植民地支配に置かれた戦前・戦中、戦後も、朝鮮戦争や、軍事独裁政権に対する民主化闘争など、数々の厳しい社会情勢を乗り越えてくる中で韓国の人たちが培ってきた社会というものに対する確かな見識というものがあるのだろうと感じます。しかしそれとは別に、もっともっと大事なものを、韓国の人たちは日本人と違って、持っているということを今回の旅で感じさせられました。
★定期会の翌日、ソウル老会の人たちが、わたしたちをあるところへ連れて行ってくださいました。それはソウルから車に乗って、一時間足らずのところ。ソウルの町の真ん中には漢河(ハンガン)という大きな河が流れていますが、その川沿いを河口に向かって車で進んでいくと、河口の近くで別の河との合流点があります。別の河というのはイムジン河という名前の河です。(つづく)
by oji-church | 2017-05-10 14:27 | 牧師からのメッセ-ジ