日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

4月2日の週報コラム「ひだり手」

「つまずきましょう」(2)

★「コレハドウイウコトダロウカ? 力が弱さの中でこそ発揮されるというのは、仕えられるためではなく、仕えるために来るというのは、最も小さい者が、最も偉い者だというのは、貧しい人々が幸いだというのは?」。考え始めると、ワケが分からなくなる。心が乱されて、バラバラになる。つまづき転んで、自分というものが地面に落ちた卵のように割れる経験をする。
★「人の子は必ず多くの苦しみを受けて、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺される」というイエス様の言葉を聞いて、ペトロは「そんな物騒なことを言っちゃいけません」と、この世の物の考え方からすれば当たり前のことを言ったはずでしたが、それを「サタン、引き下がれ」とこっぴどくイエス様からこっぴどく叱られて、ペトロの心は乱れ、砕かれ、バラバラになったことでしょう。でもそんな乱れ、砕かれた心でもって、もう一度この世界を見直してみるとき、この世界が違って見えてくるということがあるのじゃないか。
★これまで当たり前と思ってきたことが、当たり前じゃなく見えてくることがあるのじゃないか、と思うのです。「当たり前」と思っていた自分自身が砕かれて、「当たり前」の自分自身が砕かれることによって、はじめて、「いのち」というものの本当の姿が見えてくるのです。「自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失う者は、それを救うのである。人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の特があろうか。自分の命を買い戻すのに、どんな代価を支払えようか」。これが「いのち」というものの本当の姿です。この世の常識とは正反対の。
by oji-church | 2017-04-05 10:20 | 牧師からのメッセ-ジ