日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

3月26日の週報コラム「ひだり手」

「つまずきましょう」

★「つまずく」という教会用語があります。人のクリスチャン「らしくない」振る舞いによって、信仰を持って生きる気力を奪われたという意味。元は何らか挫折を経験して、そこから先に進めなくなってしまうという意味でしょう。「つまずく」というのはあまりいい意味で使われません。けれども、この言葉が大切なこととして語られている場面もあります。パウロは、自分がこれまでのユダヤ教のように、救われるためには割礼が必要だと宣べ伝えていたとすれば、「十字架のつまずきもなくなっていたでしょう」と語っています。つまり、イエス様のことを宣べ伝えるときには、必ず「つまずき」というものが伴うんだと言っています。
★イエスを宣べ伝えること、それは、この世の中の、世間一般の普通の見方、考え方をひっくり返すようなことを宣べ伝えるということです。そしてそれはこの世の中の表側の、目に見えるありようからは見えないことです。この世の中の表側の目に見えるありようだけを見て生きている時、わたしたちはどうしたって、イエス様の言葉やイエス様の生き方に、つまずかざるを得ないのです。
★「人の子は、仕えられるためではなく、仕えるために来たのだ」。「最も小さい者こそ、最も偉い者だ」。「貧しい人びとは幸いだ」。そんなのはこの世の常識とは違う。そんなことあるわけがない、と。わたしたちはつまずきます。そこでつまずいて止まってしまい、また世間の常識的なものの見方、考え方に帰っていくこともできます。でも、そんなふうに聖書の言葉につまずいた時が、チャンスでもあるのだと思うのです。「コレハドウイウコトカ? 仕えられるためではなく、仕えるために来るというのは、最も小さい者が最も偉い者だというのは、貧しい人々が幸いだというのは?」。考え始めると、ワケが分からなくなる。心が乱されて、バラバラになる。つまずき転んで、自分というものが地面に落ちた卵のように割れる経験。しかしそこが「始まり」なのです。(つづく)
by oji-church | 2017-03-30 16:05 | 牧師からのメッセ-ジ