日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

1月22日の週報コラム「ひだり手」

「『誇り』はどこからやって来る?」

★今、夜のテレビ番組を見ていると、毎日と言ってもいい程必ず「日本はスゴイ」という主題の番組が放送されています。自分自身や自分の暮らす国の「よい部分」を見出すことは決して悪いことではありませんが、完璧な人間も完璧な国家も存在しない以上、自分自身の「よい部分」を見出すことが本当に意味あることになるためには、同じだけの注意深さをもって自分の「悪い部分」も直視しなければならないでしょう。
★第一次安倍政権では教育基本法が改定され「愛国心」が盛り込まれました。安保法制が作られて戦争をする体制が整えられています。「日本スゴイ」が連呼される一方で、国立青少年教育振興機構が2015年に公表した調査では、高校生の72%が「自分はダメな人間だと思うことがある」と回答しているとのことです。個人の尊厳が傷つけられる一方で、国の尊厳が称揚される社会というのは危うい社会だと言わなければなりません。
★人間というのは、自分自身の尊さ、尊厳を噛みしめながらでなければ、本当に人間らしく活き活きと生きることのできない存在です。でもいま物事がうまく進まない時代の中で、それがとても難しいことになっています。いきおい身近なところにあるもっとも大きく強いもの、国家というものに自分の尊厳、誇りのよりどころを見つけ出そうとします。けれども国家というのはどんなに優れた国家であっても、それは人間が作りだした、今のところなお未完成の不完全なものです。それゆえ国家というものは、余程注意深く監視し、整えていくことを怠らないようにしなければ、しばしばその大きさ・強さによって生みの親であるはずの人間を飲み込み、食いつぶし、命を奪う存在なのです。ですから自分自身の尊厳、誇りを見出すそうとする時には、手近な大きいもの、強いものにそれを託すより前に、人間の真に奥深いところに問い尋ね、省みながらじっくりと考えてみることが大切なことです。(つづく)
by oji-church | 2017-01-25 12:06 | 牧師からのメッセ-ジ