日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

9月25日の週報コラム「ひだり手」

覆いの掛かった世界で(2)

★(承前)まさにわたしたちは「福音に覆いが掛かっている」社会の中に生きているのではないかと思うのです。パウロは、そのようにわたしたちの社会が「福音に覆いが掛かっている」社会となっているのは、「この世の神が、信じようとしない人々の心の目をくらまし」ているからだと言います。「この世の神」って、一体どんな神でしょうか。それは、お金の力に依り頼もうとしたり、武力、武器の力に依り頼もうとしたり、そのように人間の創り出す力に依り頼もうとするわたしたちの心が創り出す、「偽物の神様」なのかもしれません。お金の力や、武器の力に依り頼んで、それを神様のように崇めようとするわたしたちの心が、わたしたちの目をくらましているんだ、と言うのです。
★聖書の一番最初には、このように書かれています。「初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。神は言われた。『光あれ。』こうして、光があった。神は光を見て、良しとされた」。
★聖書には、神様自らが造られた命あるものに向かって、「見よ、それは極めて良かった」と喜びの叫びを挙げる場面が語られています わたしたちは今も、厳しい「闇」に向かってうち沈んでくような世の中に生きていますが、そのように闇のような世の中に生きているわたしたち自身のこの命には、神様から「見よ、それは極めて良かった」と呼びかけられているという光が、隠されているのだということを、改めて心に刻みたいと思うのです。そうして、わたしたち一人ひとりの、凸凹していて、失敗や惨めな経験やらを積み重ねているこのわたしたちのいのちが、覆いを取り除かれて、再び輝くように、神様は今も「闇から光が輝き出よ」と呼びかけておられる。その神様の呼び声に耳を傾けて、与えられたお互いの命を、恥ずかしいなどと思って隠してしまうことをせず、神様から与えられた何よりも輝かしいものとして大切にし、愚直に生きていくその務めを果たしてゆきたいと願うのです。
by oji-church | 2016-09-28 14:56 | 牧師からのメッセ-ジ