日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

6月26日の週報コラム「ひだり手」

「神の国=小さなものの国」(2)

★わたしたちの世の中とは逆さまの「神様の国」って、いったいどんな場所なのでしょう。『花さき山」という絵本があります。“あや”という女の子が山で道に迷って“山ンば”に出会います。そこはいちめんに美しい花の咲く野原でした。花は、ふもとの村の人が、やさしいことを一つすると一つ咲く花です。山ンばは言います。「つらいのを しんぼうして、じぶんのことより ひとのことを おもって なみだを いっぱい ためて しんぼうすると、 その やさしさと、けなげさが、こうして 花になって、さきだすのだ」。でも村にもどってあやが大人にこのことを話しても、大人は馬鹿にして信じてくれません。あやは“花さき山”をさがして、もう一度山に登ってみましたが、見つかりませんでした。でもあやは、その後、ときどき思うのです。「あっ! いま 花さき山で おらの 花が さいてるな」。
★イエス様の言われる「神様の国」というのは、もしかしたら、この花さき山のような場所かもしれないと思うのです。人が小さなもののことを大事に思うとき、花が一つ咲く花さき山です。それは目には見えないのだけれども、小さい人たちの心の中にあって、いつも小さい人たちのそばにある場所、そこで神様が一人ひとり、小さい人たちを大事に思いながら、花を一つひとつ咲かせている場所です。
★今日は、子どもの祝福とをします。それは、大人が、小さい人たちから「神様の国は、この小さい人のそばにあるのだよ」ということを、もう一度教わるということです。今日は、小さい人たちが、僕らおとなの先生です。世の中とは逆さまかもしれませんが、この世の中とは逆さまなのが「神様の国」ですから。(6月12日「花の日」礼拝説教より)
by oji-church | 2016-06-29 12:07 | 牧師からのメッセ-ジ