日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

6月19日の週報コラム「ひだり手」

「神の国=小さなものの国」

〈はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、決してそこに入ることはできない〉(マルコによる福音書10章15節)

★イエス様がいるところに、小さな子どもたちを連れてきた人たちがいました。でも、イエス様のお弟子さんたちは、「イエス様は偉い人なんだから、そんな小さな子どもの相手なんかしてられないんだ、子どもと遊んでなんかいられないんだ、あっちえ行け」と言って、子どもたちを連れてきた人たちを叱ったのです。ところがイエス様は、そんなふうに言うお弟子さんたちを叱って、子どもたちを呼び寄せて、抱き上げて、こう言いました。「子どもたちに『あっちへ行け』なんて言ってはいけない。神の国は、このような小さな人たちのものなんだ。このような小さな人たちを大事にしない人は、神の国にはとうてい入ることなんて出来ないんだ」と、言いました。
★「神の国は、小さな人たちのもの」。「小さな人たちを大事にしない人は、神の国には入れない」。そういうふうにイエス様は言われます。世の中では、強い人や偉い人がこの世の中を自分たちのもののように動かしています。偉い人や強い人しか入れない場所もたくさんあります。国会の中とか、VIPルームとか。でも、神様の国ではまったく反対で、神様の国は小さい人のもので、小さい人を大事にする人しか神様の国には入れないと言うのです。イエス様はよく、こういうふうに世の中とは逆さまのことを言います。(6月12日「花の日」礼拝説教より。つづく)
by oji-church | 2016-06-22 12:09 | 牧師からのメッセ-ジ