日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

9月27日の週報コラム「ひだり手」

「人間」にへりくだる(2)

★(承前)わたしたちが「謙遜の美徳」とか「へりくだり」という言葉でもって思い浮かべるのは、立派な人の姿です。でもイエス様が人間として生きる中で向かっていったのは「立派な人間」になることではなく、立派でない人の姿を受けとめ、自分自身も立派でない人間の姿をさらすことでした。パウロが呼びかけている「へりくだり」とは、そのように人と触れあい、立派でない人の姿を受けとめ、自分自身の立派でない人間としての姿をさらすことなのではないでしょうか。自分も立派な人間ではない、そのことをさらけ出して初めて、立派でない人の姿を受けとめることができるのです。わたしたちは誰もが「立派でない」という共通の人間性を持っているのです。わたしたちは自分自身の「立派でない」人間性と、自分以外の人の「立派でない」人間性とがむしろわたしたち人間同士を出会わせ、結び合わせ、共に生きるようにさせる大切な結び目なんだということに、まだまだよく気づいていないのかもしれません。
★「へりくだり」とは、頭で考えて「謙虚な、立派な人間」になることではなく、「オレも人間だよ!」と叫ぶ心に頭を触れ合わせ、互いに「オレも人間だよ!」と叫び合っているお互いの「立派でない」人間性を出会わせ、結び合わせ、共に生きるようにさせていくことなのでしょう。そのようにしてわたしたちが本当に「人間になっていく」ことなのでしょう。時間もかかることだし、苦しいことでもあるかもしれませんが、そんな「人間になっていく」道を、わたしたちは一緒になって見つけ出してゆきたいものです。そのことをこそ神様は喜ばれるにちがいありません。なぜならそれはキリスト・イエスにも見られることですから。
by oji-church | 2015-09-30 17:34 | 牧師からのメッセ-ジ