日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

4月5日の週報コラム「ひだり手」

二人は同じ。二人は違う。(2)

★イエス様は、十字架の上で、十字架にかけられた三人だけにしか聞こえないところで、「あなたは今日、わたしと一緒に楽園にいる」と語ります。それは十字架に掛けられていない人には聞こえなかったでしょう。でもこの三人だけには聞こえました。あの悪態をついた犯罪人にも。イエス様はただ後の方の犯罪人にだけ「あなたは今日、わたしと一緒に楽園にいる」と言ったのではないと思うのです。そうではなくて、もう一人の犯罪人にも、彼にも聞こえる声で、でもこの三人だけにしか聞こえない声でイエス様は「あなたは今日、わたしとっしょに楽園にいる」と言ったのだと思うのです。だから、この先の方の犯罪人も確かに、イエス様によって天国に迎えてもらっているんだと信じることが出来るのです。
★二人は同じ。二人とも天国に迎えられる。でも二人は違う。後の方の犯罪人の台詞の中の一言がそれを表しています。「同じ刑罰を受けているのに」という一言。先の犯罪人も、後の犯罪人も、そしてイエス様も皆「同じ刑罰」、十字架の磔という刑を受けています。皆、苦しく辛い時の中に置かれています。二人の犯罪人は「自分のやったことの報いを受けているのだから、当然」だと言われます。けれども「この方は何も悪いことをしていない」と彼はイエス様のことを語ります。後の犯罪人は、「イエス様の苦しみ」に思いを向けるのです。二人の犯罪人は二人とも、イエス様への信仰を告白し、そして、救いを願い祈る。そこまでは同じ。そして、イエス様は二人共を天国に迎えるだろう。そこも同じ。でも違っているのは、後の方の犯罪人は、イエス様が「自分たち同じ刑罰を受けている」「何も悪いことをしていないのに」。そのイエス様の苦しみに眼差しを向けるのです。ここだけが、二人の犯罪人の違うところなのです。
★キリスト者であってもなくても、人はイエス様に救いを願い、そしてイエス様によって救われる。でもキリスト者はイエス様の苦しみに眼差しを向ける者のことなのです。
by oji-church | 2015-04-08 11:08 | 牧師からのメッセ-ジ