日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

11月23日の週報コラム「ひだり手」

下北半島

★11月10日~13日、北支区被災支援委員会主催の下北半島スタディーツアーに参加してきた。八戸で新幹線を降り、車に乗って三沢を経て下北半島に入り、六カ所村・むつ市・東通村・風間浦村・大間町・佐井村・野辺地町と「まさかり形」の下北半島の海岸沿いをぐるりと回ると、走行距離は600キロに近づく。東京から盛岡までの距離に匹敵する。そこに上記の1市2町4村の人口を合わせて10万4千人ほどの人が暮らしている。北区の人口は33万人ほど。その違いを想像してみてほしい。
★下北半島には、幾つもの核(原子力)施設がある。六カ所村の再処理工場・貯蔵施設・東通原発・使用済み核燃料中間貯蔵施設・大間原発(建設中)等。六カ所村では使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出すことになっている。それを再び核燃料とするのだが、再処理した核燃料を使う技術は難しく、日本以外のどこの国も断念している。いずれの施設も事故の危険性に晒されている。ひとたび事故が起きれば、日本全国のみならず世界中に被害が及ぶことが予測できる。考えなければならないのは、ここで作られようとしている電気は、東京で使われるものだということ。地方に暮らす人たちの故郷と安全を犠牲にして東京の便利さや快適さが作られていることを想わずにはいられない。それとは裏腹に、空も海も大地も「地方」と「都市」の境目はなく繋がっているということも。
by oji-church | 2014-11-26 09:38 | 牧師からのメッセ-ジ