日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

7月27日の週報コラム「ひだり手」

よそおわないあなたのままで

しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして言われた。「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」そしてまた、身をかがめて地面に書き続けられた。これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人と、立ち去ってしまい、イエスひとりと、真ん中にいた女が残った。イエスは、身を起こして言われた。「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか。だれもあなたを罪に定めなかったのか。」女が、「主よ、だれも」と言うと、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」(ヨハネによる福音書8章7~11節)

★罪とは何だろうか。それは、ここに集まっていた律法学者やファリサイ派の男性たちのように、あたかも自分にはまったく罪がないかのように装って、その装いのもとに、人を、とりわけ自分を装うことのできない弱い立場にある者を、「罪人」として断罪し、貶めようとする態度、それこそが罪というものではないだろうか。
★この場面の中での罪のありかと言えば、圧倒的にこの一人の女性を取り囲んで立っていた律法学者やファリサイ派の男性たちの姿です。この場面の中でこの女性は何一つ装ってはいません。そうして「石を投げるのなら、このわたしに石を投げろ。わたしも罪ある男の一人なのだから」と取り囲む男たちの真ん中で背中を見せてしゃがみ込んだイエス様もまた、なんら自分を装うところがありませんでした。そうしてこの自分を装わない二人だけが、最後にこの場所に残りました。わたしは「これからは、もう罪を犯してはならない」というイエス様の言葉のうちに、「これからは、これからも、装わないあなたのままで生きていきなさい」という、裸の人間のありように投げかけられる神様のゆるしの声を聞きたいと思います。
by oji-church | 2014-07-29 09:37 | 牧師からのメッセ-ジ