日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

6月29日の週報コラム「ひだり手」

戦争は絶対にいけません

★今から69年前、わたしたちの暮らしている日本の国は戦争をしていました。どこの国と戦争をしていたかというと、アメリカと中国です。日本は最初、アジアの中で自分が一番強い国だと思って、韓国や台湾に軍隊を送って、韓国や台湾を自分のものにしてしまいました。そうしてから「こんどは中国が欲しい。中国を日本の国のものにしてしまえ」と思って、中国にもたくさんの軍隊を送って戦争をはじめたのです。
★するとアメリカの国が、日本のこんな勝手なことを黙って見ているわけにはいかないと思って、「日本は勝手なことをはやめなさい。もう中国に軍隊を送って戦争をするのはやめなさい。中国から軍隊を戻しなさい」と日本の国のことを叱ったのです。でも、日本の国はアメリカの言うことを聞かないで、「何だ、アメリカの奴。偉そうに。俺に指図するな」と言って、今度はアメリカと戦争をはじめました。そうやって日本は中国ともアメリカとも戦争をして大勢の人が死にました。戦争で死んだ日本人は310万人。中国では1千万から2千万人、韓国でも20万から30万の人が亡くなりました。日本は長崎と広島に原爆が落とされて、長崎で15万人、広島で20万の人が亡くなりました。沖縄でも日本軍とアメリカ軍の戦争で18万人以上の人が亡くなりました。
★僕のおじいさんは戦争で兵隊さんとして最初に中国との戦争に送られました。それでも一度家に帰ってきました。それからこんどはアメリカとの戦争に送られました。マリアナ沖海戦という海の上でのアメリカとの戦争に送られる途中、乗っている船にアメリカの爆弾が落とされて亡くなってしまいました。37歳でした。ちょうど皆さんのお父さんと同じくらいの歳でしょう。その時、僕のお父さんは9歳でした。僕のお父さんの妹、つまり僕の叔母さんは、その時まだ4歳でした。みんなと同じくらいの歳です。僕のお父さんも叔母さんも、戦争に行ったお父さんが帰ってこなくて、子どもの頃ずっと寂しい気持ちで暮らしていました。戦争になると一番苦しい気持ちにさせられるのは、小さな子どもです。だから絶対に戦争はしてはいけません。(6月29日教会学校説教より)
by oji-church | 2014-07-02 15:13 | 牧師からのメッセ-ジ