日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

9月15日の週報コラム「ひだり手」

「オリンピックという目隠し」

★2020年オリンピックの東京での開催が決まりました。日本の首相は招致スピーチで「状況は、統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも、及ぼすことはありません」(首相官邸ホームページより)と述べました。また、「まったく問題ない。汚染水による影響は福島第一原発の港湾内の0.3平方キロメートル範囲内の中で完全にブロックされている」とも述べました。
★しかしこれはあからさまな「ウソ」に外なりません。確かに福島第一原発の港湾にはより狭い範囲の部分に汚染水の漏出を防ぐシルトフェンスという薄い膜が張られていますが、それを越えた外側の港湾内で高濃度の放射性物質が検出されています。そしてこの外側の港湾と外海とを遮断するものは何もなく、この外側の港湾内と外海とは一日に50%の海水が入れ替わっていると言われています。また他の排水溝からも港湾外の海に放射性物質が漏れ出していることが分かっています。
★1936年、ヒトラー政権下のベルリンでオリンピックが開催されました。当初ヒトラーはオリンピックは「ユダヤ人の祭典」であると難色を示していたそうです。それを側近らは、「大きなプロパガンダ効果を期待できる」と説得して、開催の承諾を得ました。オリンピックは、プロパガンダ(政治的宣伝)に大きな力を発揮するものなのです。プロパガンダは、ある政治的勢力を持つ人々に都合のよい情報を大きく示し、それ以外の情報を見えなくさせる手法です。
★今それと同じことがおこりつつあるのではないかと危惧しています。現に9月7日の東京での開催決定以後、福島原発の汚染水の問題を報じる報道はほとんど見られず、オリンピックのお祝いムードばかりが繰り返し報じられています。わたしたちは「オリンピックという目隠し」をされようとしていることに注意しなければならないと思います。
by oji-church | 2013-09-18 08:36 | 牧師からのメッセ-ジ