日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

7月14日の週報コラム「ひだり手」

「イマデショ!」

《イエスは彼を見つめ、慈しんで言われた。「あなたに欠けているものが一つある。行って持っている物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。それから、わたしに従いなさい。」》(マルコによる福音書10章21節)

★これを読むと、持っている財産をすべて売り払って、貧しい人に渡してからでないと、イエス様に従うことができないというように思えます。しかしイエス様は、持っているものを売り払って、貧しい人に施して、「それから」でないと、わたしに従うことはできないという、そういう「順番」を第一に言っているのではないのです。もとのギリシア語の聖書を読むと「わたしに従いなさい」の前に、「デウロ」というギリシア語がある。これはもともと「いま」とか「ここ」という意味の言葉なのですが、そこから「さあ」というかけ声に派生している言葉です。だからイエス様はここで、「イマデショ! さあ、わたしについて来なさい」「さあ、一緒に行こう」と、やる気満々で彼に呼びかけているのです。
★ここでは「持っているものを『売り払い』」と訳されていて、あたかも財産の全部を売って、貧しい人々に与えなければならないかのように読めてしまいますが、もとのギリシア語の聖書では少なくとも「全部」という言葉は出てきません。単純に読めば「持っているところのものを売って、貧しい人に与えなさい」と読める書き方がされています。貧富の格差がどんどんと増大していく時代にあって、富める人が得ている財産というのは、貧しい人たちの生活を奪った上で成り立っているものではないか、というイエス様の思いがそこには込められているのだと思います。しかしだからといってすべてを売り払って、素寒貧になってからでないと、わたしに従ってくることはできないとは、イエス様要求してはいないのだと思います。余分に得ていると思うものは、貧しい人に返しなさいと、そう語りかけたのだと思うのです。(つづく)
by oji-church | 2013-07-17 13:02 | 牧師からのメッセ-ジ