日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

8月19日の週報コラム「ひだり手」

平和とは、不均衡・不公正を正すこと(2)

★原子力発電所が無ければ、地震や津波があったとしても避難する必要の無かった人たちが大勢います。しかもそれは一時逃れるだけという避難ではありません。いつまで続くとも知れない故郷喪失を強いられている人たちがいるのです。また、避難した場所にあっても、まき散らされた放射能のそばで暮らさなければならない人たちがいます。その影響がどのように現れるのか、不安に脅かされながら、これから生きていかなければならないのです。
★わたしたちはあの3月11日の前と後で、変わらず自分の家に暮らし、電気を使って生活しています。その電気を作るための発電所でした。福島県は東北電力の管轄下にありますが、その福島にある福島第一原子力発電所は東京に暮らすわたしたちが使うために造られた東京電力の持ち物です。わたしたちがこの東京においうて電気を使うために、福島の人々が家を奪われ、故郷を奪われ、家族の生活と団らん、そして健康と命を奪われかねない、そんな危険にさらされていたのだということを、今回の事故は明らかにしました。こんなことになるまで、一部に警鐘を鳴らす人たちがいたにもかかわらず、その声に耳を傾けてみることもせず、そうした不均衡や不公正に気付かずにいた、そしてその不均衡や不公正の上に、自分たちの快適な生活を形作ってきたわたしたち自身の罪を思わずにいられません。(つづく)
by oji-church | 2012-08-22 15:55 | 牧師からのメッセ-ジ