日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

10月23日の週報コラム「ひだり手」

「被災地で教えられたつながり」(2)

★そのようにして被災地・岩手の教会や幼児施設を回る中で考えさせられたのは、教会とは何なのだろうか、キリスト教とは何なのだろうかということでした。このように一つ一つの教会が小さく弱くされた中で教会を建て、キリスト教の伝道・宣教・牧会を行うということは、どういうことなのだろうかということです。それは、クリスチャンという肩書きであるとか、洗礼を受けて教会に所属しているという教会の籍であるとか、聖書やキリスト教の教理についてよく知っているとか、クリスチャンらしい品行方正な生活をしているとか、そんなことではなく、弱く小さくされた者同士が、弱く小さな中にあってお互いに思いやり、支え合い、助け合うこと、そのことそのものが教会であり、キリスト教なのだということです。
★最後にお訪ねした花巻市内のある教会は、今回の地震・津波では被災されませんでしたが、1994年の三陸はるか沖地震で会堂が壊れ、使用不能となりました。その教会の信徒は17名。礼拝出席は9名です。そのとき、近隣の教会の信徒さんたちが皆集まって祈り、励まし合い、会堂再建のための募金を求める手紙に、近隣の教会の信徒さんたち皆で言葉を書き添えて送ったということを奥羽教区議長がお話しされました。東京の教会ではまず考えられないことでしょう。
★「わたしたちは無力で、どうすることもできません」と奥羽教区議長はお話しされました。けれども、祈ることを通じて、お互いを思いやり、支え合い、助け合ってきたと言われます。そのことを抜きにして教会もキリスト教もないということです。
by oji-church | 2011-10-26 08:31 | 牧師からのメッセ-ジ