日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

7月31日の週報コラム「ひだり手」

「原子力と、いのちの出発点」

★原子力発電所の事故は自然の動きではなく、人間の行いによって起こりました。原子力という人間の行いは自然の動きにまったく逆行する行いです。原始の地球は、生命が生まれることのできない放射性物質・放射能の塊だったそうです。何億年、何十億年という月日の中で放射性物質は核分裂を繰り返し、それによって放射能を出さない物質へと変化しました。その後になって初めて生命は誕生したのだそうです。
★人間はそれを再び放射線を出す物質に変えて原子力としました。明らかに自然の動きに逆らう行いです。そして原子力を用いれば必ず放射性廃棄物が生じます。それらの放射性廃棄物の中には、放射線を出さなくなるまで何万年もかかるものもあるそうです。それを地中に埋めて処分することが計画されていますが、一体誰が何万年もの間それを管理出来るでしょうか。
★現在停まっている原子力発電所をこのまま動かさないと、電力不足や電気料金の高騰を招き、企業は日本から出て行ってしまい、日本は経済的に立ち後れた国になってしまうと言う人もあります。しかしその議論のためにはまず、本当に電力は足らないのか確かめてみなければなりません。そして、実際に福島県を中心として、子どもたちのいのち、人間のいのちの事柄が問題となっている時、もう一度、いのちの根源、人間の出発点に立ち帰って考え直さなければならないのではないかと思います。それが、いのちの事柄に関わり続けることを、神様から、イエス様から求められているキリスト教に携わる者として、教会に携わる者として、牧師という働きを負わされている者としてのわたしの意見です。皆さんはどう思われるでしょうか。
by oji-church | 2011-08-03 12:34 | 牧師からのメッセ-ジ