日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

4月17日の週報コラム「ひだり手」

「アリのように」

★アリはこぞってせっせと働く虫という印象がありますが、アリの集団をよく観察していると、まったく働かない「怠けアリ」が一定の割合でいることが分かるそうです。その「怠けアリ」を集団から抜けば「働き者のアリ」ばかりになるかと思うと、また同じ割合で「怠けアリ」が出てくると言うのです。誰もが働かなくなる時間をなるべく無くするための習性だと言います。
★3月11日の地震以来、2度岩手に向かいました。津波の被害によって、茫漠たるがれきの野と化した中を車でトコトコと走りながら、アリの気分を味わった気がしています。
★東京ではテレビも新聞も、被災地の状況よりも原発事故の影響のほうを大きく扱うようになっていますが、釜石の避難所で、電気も通らず新聞も配達されない中、原発事故のことをまったく知らない被災者とも出会いました。津波の被害に生活を奪われ、アリのように小さな姿にされて、それでもじっと静かに耐えながら生活の再建を待ち望んでいる人たちです。それで、「自分に影響があるから」というだけの理由で、あふれかえる情報の中で原発事故の問題を子細にチェックすることに、何だか空しさを感じるようになりました。もちろん原発の問題は、今後、とりわけ大都市に住みエネルギーを浪費しているわたしたちが、自分自身の問題点として深刻に考えなければならないことですが。
★それでもアリは、他のアリが休めるために前に進みます。人間は小さな存在であることを心しつつ、ときどき休みながら、前に進んでいこうと思います。
by oji-church | 2011-04-30 10:58 | 牧師からのメッセ-ジ