日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

1月23日の週報コラム「ひだり手」

「正解を答えることではなく」

★王子教会の所属する日本基督教団東京教区北支区主催の信徒大会が1月10日に行われました。「アイしあってるかい? 出会い、知り合い、つながり合い」という主題で行われました。教会に若い人たちが少なくなっている現状の中で、若い人たちがどんな活動をしているのかをまず知ることからという目的で会が行われました。
★そこで出会ったクリスチャンでない大学生に「教会ってどんな場所に見えますか?」と尋ねたら、こんな答えが返ってきました。教会というのは、もう信仰があって救われていて、答えを持っている人たちが集まる場所のようで、自分のようなあれこれ悩んだり迷ったりしている人間は行ってはいけない場所のように映るというのです。
★実際にはそんなことはないのですが、これは教会自身の方にも大いに責任があるようにも思います。教会は長い間、ここに来れば答えが見つかりますよと自己宣伝をしてきました。あたかも自分たちが発明した世界一便利な商品を売るかのように。確かにそれで問題が解決する人もいるでしょう。しかしにわかには解けない問いを抱えた人に対して教会は、一緒になって頭をひねって悩みや痛みを共にするよりも、ただ決まった正解を押しつけるだけではなかったでしょうか。それでも解けない問いは、あたかも問いなど無いかのように、問いを抱えた人ごと切り捨ててきはしなかったでしょうか。
★実際にはそもそも答えは、わたしたち自身の力で発明したものではないし、また、イエス様は正解を言葉で答えることよりも、人の体、いのちの痛むところに触れ、共にあって共に生きることをこそ大切なこととしてわたしたちに教えられたはずだと思うのですが。
by oji-church | 2011-01-27 08:51 | 牧師からのメッセ-ジ