日本キリスト教団王子教会 ojichurch.exblog.jp

礼拝予定などをお知らせします。まだまだひよっこのブログですが、コメントを残していただけるとうれしいです。


by oji-church
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

11月1日の週報コラム「ひだり手」

「イエスの信」

《人は律法の実行ではなく、ただイエス・キリストへの信仰によって義とされると知って、わたしたちもキリスト・イエスを信じました》 (ガラテヤの信徒への手紙2章16節)

★ここのところで、新共同訳の聖書で「イエス・キリストへの信仰」と訳されているところは、元のギリシア語では単に「イエス・キリストの信仰」と書かれています。「イエス・キリストへの信仰」と言えば、わたしたちが「イエス・キリストを信じる信仰」という意味になりますが、「イエス・キリストの信仰」とは、イエス・キリストが信じている信仰という意味になるはずです。
★一方「信仰」と訳されているギリシア語は「ピスティス」という言葉で、元は「何かに信頼を寄せる態度」あるいは、「人から信頼されるに足る誠実な態度」という意味があります。誰かに向かって純粋に信頼を寄せる態度は、同時に人から信頼されるに足る誠実な態度でもあります。
★イエス様は神様に向かっては、純粋に、その人に寄せるいつくしみを信じて止まなかった。そうして、その神様への信頼感をもって、人々に手を差し出し、触れ、癒し、愛おしみ、言葉を掛け、その傍らに寄り添った。そんなイエス様の態度によって、わたしたちは「義とされる」(神様から「よし」とされる)ということがここでは語られているのでしょう。
★わたしたちが「信じられる」とか「信じられない」とかいう、わたしたちの側の態度の問題ではなく、多くの人間の尊厳をはぎ取られていた人々に対するイエスの変わりない「信」によって、わたしたちは救われるということ。そこに思いを潜めていくことが、求められているのでしょう。
by oji-church | 2009-11-04 15:50 | 牧師からのメッセ-ジ